読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかん屋さん

30代女子の流行なものからマニアックなものまでご紹介していくブログです(*'ω'*)

ヴェルサイユ宮殿《監修》マリーアントワネット展!!森アーツセンターギャラリー 

声優・イベント

皆さんこんにちわ

 

今日はついに来月10月25日~来年2月26日まで六本木森アーツセンターギャラリーにて開催されます。こちらは六本木ヒルズ森タワー52階にあります。

 

今回はヴェルサイユ宮殿がなんと!!監修に参加しています!豪華ですね~

マリーアントワネット展というのは日本の漫画の影響や宝塚などでの人気のおかげで何度か開催されてはいますがあのヴェルサイユ宮殿が監修というのは珍しいのではないでしょうか。

 

今回のマリーアントワネット展では…13章のテーマ作品と年表。

14歳の花嫁・ファッションリーダー・日本とのかかわり・原寸大プライベート空間・フェルセン伯爵との恋、新たな証拠・フランス革命37歳の最期という感じでテーマを持って展示をしているようですね。

f:id:mikantt:20160905212320j:plain

ポスターのキャッチフレーズが‘‘波乱の人生そのすべて‘‘そして‘‘きっと誤解に気づく…‘‘なんです。

きらびやかなドレスに髪飾り、首飾りにまつわる逸話など、フランス革命が起こるまでの散財な日々…14歳から37歳までの波乱に満ちた人生を数ある絵画や食器を見ることで大いに感じることができるでしょう!!!

ですが今回私が大いに期待しているというか、気になっているのはヴェルサイユ宮殿が監修している今回のマリーアントワネット展のキャッチコピーに‘‘誤解に気づく‘‘というこの一言…歴史上あの時…ルイ16世が処刑されマリーアントワネットまでもが処刑された事実を今現在のヴェルサイユ宮殿はどう捉えているのか…

あのフランス革命に隠された彼女を取り巻く時代の流れ…私たちの知らない彼女の素顔を垣間見ることができるのでしょうか…

オーストリアから嫁いだ14歳の彼女にはフランス王室というのは余りにも大きく、豪華で気品あふれる大国…そして何も自分では決められない退屈な鳥籠だったのでしょうかね…

恋人のフェルセン伯爵との新たな証拠!!!こちらも併せて楽しみですね♡彼女の最初で最後の恋のお相手ですから…

 

開期

2016年10月25日(火)~2017年2月26日(日)

休館日

会期中無休

開館時間

午前10時ー午後8時(但し、火曜日および10月27日(木)は午後5時まで)

※入館は閉館の30分前まで

会場

森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ森タワー52階)

交通のご案内

東京メトロ日比谷線六本木駅」1C出口徒歩0分(コンコースにて直結)

都営地下鉄大江戸線六本木駅」3出口徒歩4分

都営地下鉄大江戸線麻布十番駅」7出口徒歩5分

東京メトロ南北線麻布十番駅」4出口徒歩8分

お問い合わせ

03-5777-8600(ハローダイヤル)