読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかん屋さん

30代女子の流行なものからマニアックなものまでご紹介していくブログです(*'ω'*)

十二月歌舞伎座 大歌舞伎 新作歌舞伎「あらしのよるに」中村獅童尾上松也市川中車

みなさんこんばんは!!

そして世の中はもうお正月気分から一転お仕事始めの方々も多いのではないでしょうか。

私は先月12月2日~26日に歌舞伎座行われた十二月大歌舞伎から『新作歌舞伎あらしのよるに』のレポートをさせていただきたいと思います。

f:id:mikantt:20170104205425j:plain

さすが歌舞伎座の一年の最後の月を飾る演目ですからとっても豪華な役者さん達ばかりですね。

そしてその中で私が見たのはオオカミとヤギの友情を描いた絵本「あらしのよるに」を原作にした新作歌舞伎『あらしのよるに』です。平成六年に刊行され、映画、テレビ、小説などでも人気を博したこの作品をテレビ番組での朗読などを通して深いかかわりを持った中村獅童さんをはじめ、尾上松也さん中村梅枝さん中村萬太郎さん、そしてテレビでも話題の市川中車さんなどの花形役者さんなどを加わえ、年の瀬の歌舞伎座を大いににぎわせる舞台でありました。

f:id:mikantt:20170104212905j:plain

あらしのよるに」との出会いは去年の夏…実はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、京都南座で行われた松竹創業百二十周年九月花形歌舞伎でこの「あらしのよるに」は初お披露目となりました。

中村獅童さんが朗読などで内容がとても歌舞伎に合っている。歌舞伎にしたらとっても面白くなると懸命に尽力され去年の初お披露目となったようです。

南座での「あらしのよるに」が私にとっては初の歌舞伎の舞台。メイ役の尾上松也さん見たさに夏休みを利用して行った京都…9月はまだまだ暑かったですが南座は新しい演目ににぎわうお客様と体当たりでお役を務める若い役者との攻防で暑い暑い…

 

やはり中村獅童さんの演じるガブが面白いのなんのって!!!このお役は中村獅童でないとなかなか演じられないという気迫じみたものも感じるほど出てくるだけで面白いし、ガブというお役に引き込まれてしまいます。

そして今女性に大人気の尾上松也さん。ヤギのメイのお役という事もあり大変可愛くお綺麗なヤギです!(笑)高い声もよーく通り澄んだ声がメイの純粋さや役の雰囲気を伝えてくれるようです。ヤギの割に体格がいいのも笑えますが…

そして京都の南座ではギロやメイを狙うオオカミのギロ役に市川月乃助さん(現在は二代目喜多村祿郎さん)が出ておりこちらも舞台映えのする素敵なお顔で、長身でもあり、悪役ながら大変綺麗でかっこいいギロでした。

一二月の歌舞伎座ではドラマなどで俳優としての人気がある市川中車さんをこのギロに配役を変え、また違った色で盛り上げていました。ですがやはり中車さんはこの忙しい中ドラマに歌舞伎にと大変そうでこちらもドキドキしましたが大変頑張っているなという感想です。やはり子供の時から舞台に出ている役者さんは声の張りや所作ひとつとっても歌舞伎俳優ですよね…違うものです…面白くて笑える舞台でも身のこなし、目線ひとつでスッと入り込ませる上手さや品がある。花形歌舞伎の役者さんも然り。

中車さんはまだ二年ほどですから今が一番大変な時でしょうが息子さんの為にも踏ん張って頑張っほしいものですね。中車さんのギロは悪役に徹したコミカルなギロでそちらを先に見ていたらそれもよかったかもしれないですね。

 

私はこの作品を歌舞伎の舞台で初めて見てとっても歌舞伎は面白いんだと知りました。その後古典や漫画を原作にした歌舞伎なども見ましたが本当にいろいろ面白いものばかりなのと、歌舞伎俳優さんは本当に一生懸命ですね。とても熱心に取り組まれていることがわかります。

今回は12月26日で終わってしまいましたが、またどこかで「あらしのよるに」に出会うかもしれません、その時は是非見ていただきたいです。

歌舞伎を見て、あんなに大爆笑と引き込まれた作品はこれが一番かなと思っています。

 

あらしのよるに [ 木村裕一 ]

価格:1,512円
(2017/1/4 22:16時点)
感想(7件)

大型版あらしのよるにシリーズ(全7巻セット) [ 木村裕一 ]

価格:10,584円
(2017/1/4 22:17時点)
感想(6件)

小説あらしのよるに [ 木村裕一 ]

価格:596円
(2017/1/4 22:18時点)
感想(17件)

あらしのよるに くたくたマグネット メイ

価格:734円
(2017/1/4 22:19時点)
感想(0件)