読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかん屋さん

30代女子の流行なものからマニアックなものまでご紹介していくブログです(*'ω'*)

「バベルの塔」展 ブリューゲル・ボス 東京都美術館

みなさんこんにちは。

今日は4月18日から開催されている東京都美術館

 

ボイマンス美術館所蔵「バベルの塔」展

16世紀ネーデルラントの至宝ーボスを超えてー

行ってまいりました。

f:id:mikantt:20170422205144j:plain

16世紀今のベルギーからオランダ地方にかけて精密な技法で盛んになったネーデルラント美術。

精密な宗教画から庶民の生活を描くイタリア美術の影響を受け、変化していくネーデルラント美術。今回はそんな時代の中から二人の巨匠をメインにネーデルラント技法で描かれた様々な作品が展示されています。

f:id:mikantt:20170420202359j:plain

東京都美術館は上野公園の一番奥です。

f:id:mikantt:20170420202628j:plain

コチラです。奥の建物です。

さて今回のメインの作者の方々はこのお二人です。

 

ヒエロニムス・ボス

初来日作品の「法浪者(行商人)」「聖クリストフォロス」の2点が展示されています。

本当に細かい絵でそのメッセージ性もとてもユニークなものになっています。そしてボスと言えば世界に多くのファンを持つと言われているボスの描く怪奇的・幻想的な絵画の中に登場するモンスターたち…ボス・リバイバル。ボスのモンスターたちを模倣した画家たちが描いた作品も含め、モンスターや妖怪ばかりが数多く登場します。

それはまるで水木しげるさんの描いた妖怪たちのようです…(笑)

そして今回の目玉でもあるピーテル・ブリューゲルもその一人でした。

 

ピーテル・ブリューゲル1世

今回の目玉である「バベルの塔」の作者であり、彼は生涯で3枚の「バベルの塔」を描いており現在残っている2点のうちの1点が来日しています。

彼も当初は緻密な宗教画家であり、のちにボスの影響を大いに受け「大きな魚は小さな魚を食う」に出てくるような不気味なモンスターたちを版画などで表現していくようになっていきます。イタリア旅行などでイタリア美術の影響も受けその画風も変わっていきます。

今回の「バベルの塔」展では様々な時代のブリューゲル作品も公開されており、その画家としての変化も大変興味深いものになっています。

そして今回の「バベルの塔」展では先ほどご紹介した「大きな魚は小さい魚を食う」 に登場する「マス夫」が公式マスコットになっているのも大変面白いところです。

f:id:mikantt:20170420203943j:plain

何ともシュールな見た目…ミュージアムショップに売っていた実際のマス夫がこちら…

f:id:mikantt:20170420204207j:plain

何というか…(笑)不思議なキャラクターですね。こちらのタラ夫さんが公式のTwitterもやっており、ツイートをしてくれています。@2017babel

 

そして今回音声ガイドを務められるのはこちらのお二人です。

f:id:mikantt:20170420211601j:plain

 TBSアナウンサーの雨宮塔子さんと声優の森川智之さんです。森川さんは公式マスコットのタラ夫の声もやっています。

全体を通して聴くと、森川さんが8割解説で落ち着いた語り口調とそれぞれの役回りに合わせた声の違いで見事に解説してくださいます。タラ夫のアテレコは本当に見事で楽しくなってきてしまいます。(笑)是非音声ガイドで「バベルの塔」展を楽しんでいただきたいですね。

 

今回は「AKIRA」で有名な漫画家・映像監督の大友克洋の新作「INSIDE BABEL」も特別公開!!

他にも東京芸大協力による拡大複製画などもあり、上野駅エキュート内)でのレゴバベルの塔が見れたりと上野周辺ではかなりの盛り上がりを見せているようです。

展示が終わるとミュージアムショップにて、たくさんのグッズも発売されており、こちらでお買い物もいいかもしれませんね。

会期はまだ期間があるので是非足を向けられてはいかがですか?

 

[展 覧 会 名] ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲルバベルの塔」展

16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

 

[会   期] 2017年4月18日(火)~7月2日 (日)

[会   場] 東京都美術館 企画展示室

〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36  http://www.tobikan.jp

[開 室 時 間] 9:30~17:30、金曜日は20:00まで(入室は閉室の30分前まで) [休 室 日] 月曜日(ただし5月1日は開室)

 

大阪開催

[会   期] 2017年7月18日(火)~ 10月15日(日)

[会   場] 国立国際美術館  〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55  http://www.nmao.go.jp/

[開 館 時 間] 10:00 ~17:00、金曜日は19:00まで(入場は閉館の30分前まで) [休 館 日] 月曜日 ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館 

 

ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展公式ガイドブック [ 朝日新聞出版 ]

価格:1,512円
(2017/4/20 22:24時点)
感想(0件)

 

ジグソーパズル:「BEV-M71-869 ブリューゲル バベルの塔 1000ピース」 ビバリー

価格:1,341円
(2017/4/20 22:25時点)
感想(0件)

プリキャンバス複製画・ギャラリーラップ仕上げ(8号サイズ)

価格:6,400円
(2017/4/20 22:26時点)
感想(1件)

プリキャンバス複製画・デッサン額仕上げ(6号相当サイズ)

価格:8,400円
(2017/4/20 22:27時点)
感想(0件)

【送料無料】絵画■ピーテル・ブリューゲル■1563: バベルの塔■選べる額縁■額装込■名画■ポスター■複製画■インテリアアート■プレゼント贈答品におすすめ

価格:42,984円
(2017/4/20 22:30時点)
感想(0件)